実証実験施設

実証実験施設の特長

【採る】から【育む】へ。進化する漁業

サバの種苗生産の実績

サバの種苗生産の流れ

  • saba_tane

  • saba_tane

  • saba_tane

  • saba_tane

  • saba_tane

  • saba_tane

サバの稚魚生産過程

こりゃ!うめぇサバの稚魚生産過程
卵から人工的に育てた幼魚を利用する人口稚魚の様子

  • chigyo

  • chigyo

  • chigyo

  • chigyo

  • chigyo

  • chigyo

産まれて約1ヶ月。
体長 10cm前後になったサバに餌やり中の動画です。

弊社が手掛けたブランドサバ

弊社が手掛けたブランドサバ

  • お嬢サバ

    鳥取県とJR西日本が共同でブランド化
    お嬢サバ

    地下海水を使い、陸上養殖で寄生虫の付きにくい「お嬢サバ」を開発。 ネーミングは大切に育てられるプロセスが「箱入り娘」を連想させることからつけられました。 養殖なので寄生虫のアニサキスが付きにくく、生で食べられるのが特長。

  • こりゃ!うめぇサバ

    梅エキス配合の飼料で育てた
    こりゃ!うめぇサバ

    自社でイチからサバの養殖を手掛けたサバ。和歌山県最南端の串本に研究、飼育設備を確保し、優良な親サバのタマゴから完全養殖した、アニサキスフリーのサバ。餌に「南高梅」を配合し、香りが良く、潮流にもまれて筋肉質で、程よく脂ののった綺麗なサバに育ちました。

  • 湯遊(ゆうゆう)サバ

    温泉地で養殖・加工
    湯遊(ゆうゆう)サバ

    独自のミネラル温泉水に漬け込み、凍結加工。温泉地で湯遊びをイメージしたネーミング。温泉とコラボレーションさせて新たな地域産品を産み出し活性化させる「温泉地養殖鯖プロジェクト」。ハイテク技術を活用し、地方活性化につながるサバの養殖事業へと領域を広げる。

  • 小浜よっぱらいサバ

    福井県小浜市の漁師らと協力
    小浜よっぱらいサバ

    酒かすをエサとした養殖サバ。小浜市とは福井産のサバを京都に運んだ「鯖街道」の復活をうたう「小浜鯖復活プロジェクト」を立ち上げました。臭みがなく、酒粕が独特の香りを身に与えて、ほのかにさわやかな香りを楽しんでいただけます。

    VIEW MORE

【本件に関するお問い合わせ先】


フィッシュ・バイオテック株式会社 広報部 石川
TEL:06-6335-2204