高性能であり安価な飼料の開発を推進し、
養殖事業者へ提供していく

天然由来のものやフードロス使用した、魚の成長率や食欲を格段に向上したオリジナル飼料により、生育魚の品質を向上させる。

養殖における餌の課題

給餌養殖においては餌代が大半のコストを締めており、年々その主原料である魚粉が高騰しているため、水産飼料価格は上昇している。しかもその「魚粉」は鰯(イワシ)などを粉にしており、天然魚を養殖魚に食べさせることで養殖は成立している。
このままでは養殖事業は儲からない
ばかりか、海洋資源の枯渇に拍車を
かけることになってしまう

餌の研究

  • 生餌(未利用魚の活用)
    未利用魚を使用し、魚体の成長に必要なたんぱく質・脂質を摂取。
  • 藻類
    自然由来である藻類DHAの添加により養殖魚のDHA含有量を向上。
すでに各地の養殖場で実証済み。
魚の増肉係数を高め
安全で美味しい魚ができる!
現在、生餌の代替タンパク源やフードロスの活用、
地域の特色を出しつつより美味しい魚育成する配合素材を研究中

魚粉に代わる新たな代替原料の開発

藻類

一般的に魚介類にはDHAやEPAが豊富に含まれているというイメージがあるが、実は魚介類にはこれらを合成する力はなく、ω3不飽和脂肪酸のDHAやEPAを細胞内に豊富に含む藻類をエサにすることで、魚介類にはそれらが蓄積される。
藻類のビタミン補強などの栄養強化により、稚魚の生存率の上昇、奇形の出現率の低下等の研究結果も、種苗生産に必須な藻類餌料の市場規模は確実に伸びていく。

日本初、環境“再生”魚養殖へ!

養殖魚に必要な必須成分であるDHAは、主に魚油を使用。欧州等の環境先進国ではDHA添加を藻類へと代替する動きが主流。
日本でも藻類を使って環境改善を目指す日本初Venture<moBiol>と協業可能。
渡邉教授は、日本の藻類の第一人者、世界藻類学会の元会長。彼の藻類下水処理研究をビジネス化したのがMoBiol社。
環境汚染物質であるPalm廃液を藻を使って分解、その藻は高付加価値DHA原料に!
MoBiol社は既に大手水産飼料メーカーと藻類DHA実験を実施済み。結果、当該藻を添加する事で、魚のDHA含有量が20%近く上昇。
環境負荷を減らし、かつよりヘルシーな魚の育成が可能に。

フードロスの活用

フードロスを活用した飼料のコスト削減に向けて

①利用可能なフードロスを検証し、多くの原料を調達可能にする。 ②飼料会社と提携し専用の一次処理(or最終飼料加工)施設を設ける。

予測される食糧危機、世界的な流れでもあるフードロスの削減に積極的に取組みます。

【本件に関するお問い合わせ先】


フィッシュ・バイオテック株式会社 広報部 石川
TEL:06-6335-2204